連載 夏井いつきの「発掘忌日季語辞典」

「象のはな子忌」

第13回

【傍題】
 カチャー忌

【解説】
 2016年5月26日。武蔵野市井の頭自然文化園で飼育されていたメスのアジアゾウはな子が亡くなった日。第二次大戦後に、戦争で傷ついた日本の子どもたちへとタイから贈られてきた。日本で飼育された中で最も長生きをしたゾウである。傍題「カチャー忌」は、タイでの幼名にちなんだもの。


 発掘忌日季語№13「象のはな子忌」への投句は、一人何句でもOK。傍題にも果敢に挑んでいただきたい。また新しい傍題の提案、忌日季語の情報も寄せて欲しい。

 百年先の未来に向かういつの日か、まさかの書籍化! なんて夢も叶うかもしれない。その点も了解の上にて、ご投句いただきたい。
 
  • ■夏井いつき プロフィール
    ■夏井いつき プロフィール



    俳句集団「いつき組」組長。毎日俳句大賞「一般の部」「こどもの部」選者。
    テレビやラジオの出演の他、YouTube「夏井いつき俳句チャンネル」も開設。
    俳句の豊かさ、楽しさを伝えるため「俳句の種」を蒔きつづけている。