空の歳時記365日

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日 NEW

    いきもの歳時記365日/2月25日〜28日

    ・犬の舌赤く伸びたり水温む (高浜虚子)
    ・草千里下萌えにはや牛放つ (里川水章)
    ・畦道を野猫が駈けて春一番 (波戸岡旭)
    ・きさらぎや翼は雨を振り落とし(日隈恵里)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日 NEW

    いきもの歳時記365日/2月21日〜24日

    ・春愁の尾あらば立てて歩みたし(下坂速穂)
    ・水中の河馬が燃えます牡丹雪(坪内稔典)
    ・初ひばり胸の奧処といふ言葉(細見綾子)
    ・右かれひ左ひらめの余寒かな(草間時彦)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/2月17日〜20日

    ・聞きとめしことまなざしに初音かな(片山由美子)
    ・きりもなく釣れて公魚あはれなり(根岸善雄)
    ・大楠に諸鳥こぞる雨水かな(木村蕪城)
    ・春の山らくだのごとくならびけり(室生犀星)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/2月13日〜16日

    ・春ぞ修羅巻貝の奥の奥おもひ(柳生正名)
    ・梅咲いて庭中に青鮫が来ている(金子兜太)
    ・黒山羊の崖のぼりくる春の潮(小島 健)
    ・喝采に海豹の芸ひとつのみ(金井文子)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/2月9日〜12日

    ・魚屋の魚寝ており春の昼(前田吐実男)
    ・薄氷の裏を舐めては金魚沈む(西東三鬼)
    ・恋猫の恋する猫で押し通す(永田耕衣)
    ・強さうな鳩がをりけり梅見茶屋(小野あらた)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/2月5日〜8日

    ・ててっぽうぽう山鳩は春つれてくる(酒井弘司)
    ・飯蛸のあはれやあれで果てるげな (小西来山)
    ・豹の斑の春うつくしき寒さかな(久保田万太郎)
    ・音楽はさよりの動きにてドアへ(原 ゆき)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/2月1日〜4日

    ・明ぼのやしら魚しろきこと一寸(松尾芭蕉)
    ・うら若き掌にのせてきし雪兎(山本洋子)
    ・けものらの耳さんかくに寒明けぬ(三橋鷹女)
    ・立春や徹頭徹尾黄のインコ(藤本智子)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月29日〜31日

    ・一月の全景として鷗二羽(塩野谷仁)
    ・凍蝶に指ふるるまでちかづきぬ(橋本多佳子)
    ・羽もなく鰭もなく春待つてをり(藤井あかり)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月25日〜28日

    ・馬の尻馬の尻ここは雪の国(細谷源二)
    ・文鳥に妻を娶らせ日脚伸ぶ(藤田直子)
    ・みちのくは底知れぬ国大熊生く(佐藤鬼房)
    ・氷下魚穴ひかりは闇をしたたらし(柚木紀子)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月21日〜24日

    ・方頭魚ほどの口かと聞かれをり(岡井省二)
    ・鶴凍てて花の如きを糞りにけり(波多野爽波)
    ・煮凝や鯛の目玉の真珠めく(齋藤朗笛)
    ・ふくろふに真紅の手毬つかれをり(加藤楸邨)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月17日〜20日

    ・倒・裂・破・崩・礫の街寒雀(友岡子郷)
    ・心臓の近く兎を眠らせる(大石雄鬼)
    ・蝶墜ちて大音響の結氷期(富澤赤黄男)
    ・求愛のくちばしを打つ雪の檻(十亀わら)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月13日〜16日

    ・鳥のうちの鷹に生れし汝かな(橋本鶏二)
    ・風花のひとひらづつが鳥の褥(田中亜美)
    ・白鳥といふ一巨花を水に置く(中村草田男)
    ・生きものに眠るあはれや龍の玉(岡本 眸)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月9日〜12日

    ・晩成を待つ顔をして狸かな(有馬朗人)
    ・寒鴉己が影の上におりたちぬ(芝不器男)
    ・雪達磨星座のけもの聳えけり(南十二国)
    ・寒雷やてんじくねずみ藁に寝て(中西夕紀)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月5日〜8日

    ・軒の氷柱に息吹つかけて黒馬よ黒馬よ(臼田亜浪)
    ・ふるさとのここにもふくら雀かな(成井 侃)
    ・人日の日を分け合ひし烏骨鶏(天野きく江)
    ・木菟の耳をのぞいてゆきし子ら(森賀まり)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/1月1日〜4日

    ・友達になれさうな初雀なり(今瀬剛一)
    ・連れてゐる犬にも御慶申したる(奥名春江)
    ・ほの暗き忍び姿や嫁が君(河東碧梧桐)
    ・天井に貂棲むといふ秘仏かな(三嶋隆英)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/12月29日〜31日

    ・まぼろしの狼連れて年惜しむ(坊城俊樹)
    ・行く年や猫うづくまる膝の上(夏目漱石)
    ・白をもて一つ年とる浮鷗(森 澄雄)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/12月25日〜28日

    ・クリスマス馬小屋ありて馬が住む(西東三鬼)
    ・着膨れて鳥の鼓動となりにけり(藤井あかり)
    ・吊されし鮟鱇何か着せてやれ(鈴木鷹夫)
    ・鶴啼くやわが身のこゑと思ふまで(鍵和田秞子)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/12月21日〜24日

    ・女あり父は魚津の鰤の漁夫(高野素十)
    ・てんたうむしだましが死んで冬至かな(斎藤夏風)
    ・さみしさのいま声出さば鴨のこゑ(岡本 眸)
    ・セーターの胸にトナカイ行進す(金子 敦)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/12月17日〜20日

    ・鼠にもやがてなじまん冬籠(宝井其角)
    ・水底の日暮見て来し鳰の首(福永耕二)
    ・悠然と鯉の全長十二月(村木海獣子)
    ・毛布より猫と一緒に顔を出す(高倉和子)

  • いきもの歳時記365日
    いきもの歳時記365日

    いきもの歳時記365日/12月13日〜16日

    ・枯山に鳥突きあたる夢の後(藤田湘子)
    ・百合鷗よりあはうみの雫せり(対中いずみ)
    ・一羽去り二羽去り冬木残さるる(森田純一郎)
    ・猛り鵜を神と崇めて雪しぐれ(能村研三)